【占わない?】ボイジャータロットカードの最大の魅力とは

タロットアイキャッチ タロット

私は5年ほど前から、
心理カウンセリングやコーチングの
ツールの一つとして

「ボイジャータロットカード」というものを
使うときがあります。

クライアントさんには
使ったり使わなかったりですが、

セルフカウンセリングセルフコーチングといった
自分自身のことに関しては
必ずと言っていいほど
このボイジャータロットカードを使用します。

ボイジャータロットカードを
使っていると言うとほぼ100%
「占いでしょ?」

と、言われるのですが
実は【占わない】
というスタンスこそが

ボイジャータロットカードの
最大の魅力でもあります。

「怪しげなタロットカードを使ってるのに
占わないってどういうこと?」

と思われるかもしれませんが、

占いではないタロットカードの
存在を知っていただくと、
ちょっと興味がでてくるかもしれません。

今日はボイジャータロットカードの最大の魅力について
書いていこうと思います。

最後までお付き合いいただければ幸いです。

ボイジャータロットカードとの出会い

私の高校生のころの夢は
「心理カウンセラー」でした。

高校を卒業して
その道に進めるような
心理学系の進路を選択したのですが、

私の大学卒業当時は
進学や就職のハードルの高さに
その情熱もだんだんと薄れてしまい、

小学校の先生やスナックのママなど
振れ幅の広い職業を体験する
人生を送ることとなったのです。

今、振りかえると
人と接することが好きで
しょうがないのでしょうね。

結婚を機に夫の仕事の都合で
福岡県の北九州市に移住を果たし、
しばらくは小学校の先生をしていましたが、

生まれつきの持病の様子を確認するための
定期的に行っている検査入院の話があり、
キリのいいところで退職しました。

検査入院は無事に終わったのですが、
痛みがあるためしばらくは
家でゆっくり過ごしていました。

時間があると今後のことについて
考えを巡らせてしまいます。

わたし
あー、体が痛むな。
わたし
治療中は免疫が弱るから
外出もほどほどにしとかないと。
活動への制限や体に痛みがあると、
人は弱気になってしまいます。

しかも、ここ北九州市には夫婦ともに
親せき血縁関係はいません

わたし
家で一人の時間が長すぎる。
かと言ってまだ仕事はできないし。
わたし
長いこと家族以外の人と話してないなー。
何だかうまく口を動かせないのよね。
気持ちは海辺で体育座りをして
夕日を眺めている状態
です。

わたし
今の私って一体、何者?

そんなときに
何気に見た友人のSNSの投稿に

ボイジャータロットの講座を受けました♪
と、あったのです。

その投稿の写真は講座の様子だったので
カードの詳しいことは分からなかったのですが、
ピン!ときました。

ボイジャーという単語に
何とも説明しがたい
直感を覚えたのです。

わたし
占いは興味ないけど
このタロットカードのこと知りたいな。

すぐにボイジャータロットカードについて
インターネットで調べると、
カードの販売サイトに行き当たります。

そのサイトの中でカードの画像をクリックすると
メッセージと共にお試しで1枚カードをひけたのですが
その時にでてきた画像がこちら
リフレクション画像
<Reflection>というカードです。

この静かな感じのする美しいカードを目にした私は

わたし
あ、このカードって絶対占いの枠を超えてそう。
という確信がありました。

タロットカードって占いカードじゃないの?

先ほどのカードを目にした私は
迷わずボイジャータロットカードを
購入したのです。

数日してカードが届き、
ワクワクしながら箱から取り出します。

取り出して初めの感想は

わたし
でかっ!ポイントカードくらいのサイズと思ってた。
意外と大きいそのカードは
私の手のひらサイズはあります。

そしてカードを手にして
裏や表を眺めてみて私は戸惑います。

わたし
え、何これ?写真?人?
意味分かんない‥。

私がイメージしていたタロットとは
似ても似つかないのです。

わたし
不思議すぎる。何だこれは‥。
意味は分からないのですが
直感的に見て綺麗だと思うものもあれば、
ちょっと怖いなと思うものまで様々です。

気を取り直して、中に入っていた
解説書を眺めると、

このタロットは明確に作者がいて
アメリカの大学の社会学者だった人物とのこと。

しかも35年くらい前にできた
従来のタロットのスタイルを
ふまえた新しい形のタロット。

従来のタロットのモチーフは
現代社会にマッチしていなので

古今東西の遺跡や人物、
鉱物や自然がコラージュになっています。

そうなんです。
絵じゃなくて全部、写真なんですよ。

私が引いた<Reflection>も
よくよく眺めてみるとコラージュ写真でした。

そして解説書には、
占いではなく、

自分を深く知るためや、
よりよく生きるために使う
単なる道具
だと書いてありました。

使い方も自由
従来のタロットのような
明確なルールや複雑な儀式もない。

それがボイジャータロットなのです。

他の解説は読んでも難しくて
まだ理解が追い付きませんでしたが、

「自由、占いでない」
ということだけストンと腹に落ちました。

潜在意識を映す鏡

占いではない、
使い方も自由とは言っても、
まったく使い方が分からなければ、
どうしようもありません。

しかし、
解説書を読んだだけでは
さっぱり分からないのです。

わたし
さすがに誰かに教えてもらいたいなー。
と思った私は、
すぐさまインターネットで調べ
少し遠方にあるサロンを発見したのです。

わたし
うーん、怪しい人だったら嫌だなぁ。
遠いところまでわざわざ行って
高価な壺とか売りつけられたらどうしよう‥。
と、不安を感じながらも、
いきなりの個人セッションはハードルが高かったので
複数人でのグループワーク講座の申し込みをしました。

当日になり、少し道に迷いながらも
たどり着いたそのサロンのドアを開けると、
何とも言えない良い香りがします。

わたし
お香?アロマ?良い香りだなー。
そのサロンの先生であるサクラ女史
淡々としてますが優しそうな雰囲気で
私を迎えてくれました。

私が自分の行動力に驚いていることや
占いではないというところに
ピンと来たという話を静かに聞いてくれます。

その中で印象に残った言葉があります。

サクラ女史
自分の顔って鏡がないと絶対に見ることはできないでしょ?
自覚されない潜在意識もこのカードを通して見ると
自分で気づきやすいかもね。
サクラ女史
そうやってカードを『心の鏡』として使うと
潜在意識が上がって来やすくなるのよ。
わたし
はぁぁ~なるほど~~。
でも正直言って、初心者なので
全くカードの意味とか分かりません。
サクラ女史
最初はみんなそんなもんよ。
間違いなんてないから、感じたままでいいのよ。
わたし
それが難しいです。
サクラ女史
だよね。
だからグループワークとか おすすめかも。

小さな一歩の大きな意味

初めてのカードワークは
頭が?でいっぱいになりましたが、

またボイジャータロットカードが
占いと違うという特徴を
教えてもらいました。

サクラ女史
カードを引くことで今の自分の
状態が分かったじゃない?
このカードの面白いところはそれだけじゃないのよ。
わたし
そうなんですか?
サクラ女史
占いは『あなたの未来はこうなるでしょう』って
言われて終わりだけど、ボイジャータロットは
自分の目指す未来に向けて
そのための行動を自分で決めるの。
わたし
行動を決める‥何だか難しそうですね。
サクラ女史
慣れないうちはみんな難しいって言うわね。
わたし
私が経験した占いは鑑定結果を聞いて終わりだったですもんねー。
当たってるっちゃ当たってるけど、違う部分もけっこうあって
まぁ、こんなもんか。で終わってました。
サクラ女史
そうね。そういうのが多いかもね。
ボイジャータロットでは
行動の約束を決めてもらうの。
わたし
どうしよう‥。今度やろうと思っていることは
ぼんやりとあるけど。
サクラ女史
できれば いつかやろうと思ってなかったことがいいのよね。
わたし
えー、難しい‥。
じゃあ、今後の私のプランを考える。
サクラ女史
具体的には?
頭で考えるとか計画するとかでは
実際に手や口や足は動いてないよね。
わたし
えぇ、めっちゃ難しいです。
サクラ女史
難しく考え過ぎよ。例えばそのプランを
練るために、本屋に寄るとか誰かに聞いてみるとか、
インターネットで検索するとか。
わたし
え、そんな簡単なことでいいんですか?
サクラ女史
以前からしようと思ってなければ
そんな小さなことでいいんです。
わたし
へー、そうなんですね。
じゃあ、インターネットで検索します。
サクラ女史
いつまでに?
わたし
細かいですねー。今日!あ、でも無理かな。
サクラ女史
行動の約束は具体的でないとね。
今日、無理そうだったら明日までにとか、
3日以内にとかだったら、今日してもいいしね。
わたし
あ、なるほど!これならできそうです。
サクラ女史
今まで自分がしなかった小さな行動を
積み重ねていく。そうすると、自分の望む
未来へ近づくスピードが加速していくかもね。
わたし
そんなもんですかねぇ。
この時の私にはまだサクラ女史の
言葉の意味は何となくでしか
理解できませんでしたが、

小さな一歩を踏み出すことは
とても大切なことだと
今では分かります。

しかし、この時の私は
初めてのことだらけで
頭がショートしていました。

このサクラ女史との出会いをきっかけに
私はボイジャータロットカードの
面白さにますますハマっていくのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

私が毎日使っている
ボイジャータロットカードは
占いの道具ではなく、

自分で運命を創っていくのを
助けてくれるパワフルなカードです。

と、言うと大げさに聞こえますが、
日常生活のちょっとしたこと
何にでも使えます。

例えば今日の夕飯のメニューや
デートに来ていく服をどうするかとか。

私はこのカードを普段から持ち歩き、
買い物で迷ったときや
ちょっとした隙間時間に何をするかなど

普段、自分が選択しないようなことを
遊び心も入れながらやってみると、
楽しいし新たな発見もあります。

今日の1日をどう過ごすかから
半年スパンの自分の方向性など、

自分ではなかなか気づきにくい
潜在意識からのメッセージを
キャッチしやすくしてくれます

心理カウンセリングやコーチングにおいても
このカードを使うと、

私とクライアントさん以外の
中立的な第三者がいるような感覚で
話が早くすすみます。

意識はしているのですが
人は何かと自分フィルターで物事を
見てしまいがちです

ですので、
自分自身を中立的な立ち位置に
戻してくれるのにも役立ちます。

ボイジャータロットカードは
心理学的な側面や神話学的な側面、

たくさんの切り口で語れてしまいますので、
話は尽きないのですが
今日はこのくらいにしておきます^^

最後までお読みいただき
ありがとうございました。